〜用語集〜
ここでは、遠近両用に関する聞きなれない単語や分かりにくい単語をご説明致します。
このページに載っていない言葉で分からない場合にはコチラからお問い合わせ下さい。
●単焦点 ●累進設計 ●二重焦点 ●累進レンズ ●老眼 ●度数
●加入度(数)/ADD ●瞳孔間距離(PD) ●累進帯長 ●アイポイント(EP)
●インセット ●明視域 ●ユレ・歪み ●遠用 ●近用 ●遠用部 ●近用部
●外面累進 ●内面累進 ●両面累進 ●ベースカーブ ●回旋角 ●収差
●中近(レンズ) ●近近(レンズ) ●調節力 ●球面設計 ●非球面設計
●外面非球面設計 ●内面非球面設計 ●両面非球面設計 ●遠方 ●近方
●既用度数(KB値) ●仮枠 ●テストレンズ ●完全矯正値 ●装用値

単焦点 その名の通り一つの焦点のみを持つレンズ。
近視・遠視・乱視・老視に使用する。

累進設計 一枚のレンズの中で遠方視(中間視含む)〜近方視(中間視含む)が組み込まれたレンズ。常用レンズに老眼の度数を段々に度数を重ねることによって、境目が無く緩やかに度数が変化する設計。(累進多焦点)

二重焦点 一枚のレンズの中で遠方視〜近方視が組み込まれたレンズ。
常用レンズに老眼の度数を貼り付けています。その為、境目が見えます。(多焦点)

累進レンズ 累進設計(境目無し)レンズ。境目の無い遠近両用・中近・近々などの総称。

老眼 老眼とは目の調節力(ピント調節)が減少する状態。
調節は水晶体で行っており、近くを見るときは水晶体を膨らませ近くの1点にピントを合わせますが、水晶体の弾力性が低下して、十分に膨らませることが出来なくなります。
遠視・近視・乱視に関係なく誰もが30歳を越えた頃から始まる現象。

度数(D) 視力を上げる為のレンズの強さを数値化したもの(ディオプター)。

加入度(数)
/ADD
遠近両用(累進レンズ/二重焦点レンズ)などの
遠くを見るための度数と近くを見やすくする為の度数の差。

瞳孔間距離
(PD)
右目と左目の黒目(瞳)の距離。

累進帯長 遠近両用(累進レンズ)などのレンズの遠くを見る部分から近くを見る部分までの距離8mm〜20mmまである。メーカーによって定義は異なる。

アイポイント
(EP)
メガネフレームを掛けた時に、黒目(瞳)がある位置。
装用者のフレームと瞳孔の位置関係(瞳孔間距離+高さ)

インセット 近くのモノを見る場合、目は寄り目(輻輳)の状態になります。
輻輳の状態で見えやすい様に、累進レンズは、中間距離や近くを見る部分を内側に寄せて設定してあります。この内寄せ量をインセットと言います。

明視域 はっきり見える範囲。
遠点(調節無し)〜近点(調節限界時)までの範囲。

ユレ・歪み モノが歪んではっきり見えない部分。目を動かすと曲がって見える部分。

遠用 遠く∞(無限遠)を見るためのメガネ。

近用 近くを見るためのメガネ。老眼鏡。

遠用部 遠くを見やすくする為の度数が入っている部分。

近用部 近くを見やすくする為の度数が入っている部分。

外面累進 レンズの表(外)面に累進面を施した設計。

内面累進 レンズの裏(内)面に累進面を施した設計。

両面累進 レンズの両面に累進面を施した設計。

ベースカーブ 基本となるレンズの表面のカーブ。
カーブが強いほど湾曲しており、弱いほどレンズがフラットになる。

回旋角 目線を上下にする視線移動量。

収差 レンズを通して像が1点に集まらず、像がぼやけたり歪んだりすること。
その際に発生するズレ(誤差)を収差と言う。
【5収差】1.歪曲収差 2.コマ収差 3.非点収差 4.湾曲収差 5.球面収差

中近(レンズ) 中間距離〜近距離を示す。 中近レンズとは、運転などの遠方視は出来ないが室内3m〜中間距離〜近距離の中でも中間〜近くを重視したレンズ。(室内専用) 室内を見渡せ読書も出来る。

近近(レンズ) 近距離を示す。近々レンズとは、近くを重視したレンズ(老眼鏡)。
通常の老眼鏡に比べ、見える範囲(奥行き)が広くなる。
長時間のパソコン作業やデスク周りが見渡せる。

調節力 正視の場合、遠くを見ているときは調節休止状態、遠くから近くを見るときには無意識にピント合わせをしている。この働きをを調節という。
また、ピントを合わせられる力を調節力という。

球面設計 表面・裏面に球面を使用しているレンズ。ただし、乱視がある場合には、乱視度数を裏面に施す。 昔ながらのカーブを描いているレンズ。
度数が強いと周辺部が歪んで見え、厚く・重くなやすい。

非球面設計 レンズに浅いカーブを採用して非球面化することにより、球面設計に比べ、より高度な収差補正が出来る。
収差等の光学性能だけでなく、カーブを浅くすることで薄く・軽く出来る。

外面非球面設計 レンズの表面に浅いカーブを採用し非球面化した設計。
裏面は球面設計。一般的な非球面レンズ。
球面設計に比べより高度な収差補正が可能。

内面非球面設計 レンズの裏面に浅いカーブを採用し非球面化した設計。
表面は球面設計。
通常乱視面は裏面に度数が施されているので、乱視がある場合には、
外面非球面よりもより高度な収差補正が出来る。

両面非球面設計 レンズの両面に非球面を採用したレンズ。
外面非球面設計と内面非球面設計の両方のメリットを併せ持つ
設計上、最も高度な収差補正が出来る。
薄く・軽くはもちろん、はっきり見える視野も広くなる。

遠方 5mより遠くを示します。∞(無限遠)

近方 35cm位を示します。読み書きの距離

既用度数
(KB値)
今まで使っているメガネの度数

仮枠 視力測定をする時に使用するテスト枠

テストレンズ 視力測定をする時に使用するレンズ(レンズの入れ替え自由)

完全矯正値 最も視力が上がる度数。
近視の場合、最も視力が上がる弱めの度数。
遠視の場合、最も視力が上がる強い度数。

装用値 実際に作製するメガネの度数


れんず屋について / スタッフ募集 / お見積もり・お問い合せ / 特定商取引法に基づく表示 / HOME
Lensya.com-All rights reserved. Copyright 2006. 画像・文章などの無断転載はご遠慮下さい。