TOP >>> 使い方のコツ >>> 遠近両用の仲間達その1
E屋外用 遠用・10代の遠近?・多焦点〜遠近両用の仲間達その1〜
遠近両用レンズ以外にも、たくさんのレンズ種類がございます。
外でも使えるメガネ(常用)のご紹介をさせて頂きます。
屋外で使えるレンズの場合、基本的には遠方を重視した設計となっております。
屋外用レンズと室内用レンズを使い分けて頂く事が快適な視生活につながります。
●援用レンズ ※遠用:遠くを見るメガネ。遠視用ではありません。
レンズ種類で最も遠くの視界が広いです。運転用・サングラスなどにオススメ。
老眼世代の方は、遠方重視の度数設定をした場合近くの見え方は低下します。

●遠近両用レンズ(累進レンズ)
レンズ種類・設計が豊富にあります。1本で遠くから近くまで対応できますが、
その他のレンズ種類を使うことにより、より快適な視生活になります。
コチラのページにてにて総合的にご紹介しています。

●疲れ目サポートレンズ(10代・30代からの遠近両用?!)
10代・30代からの新機能!疲れ眼サポートレンズ(遠近両用レンズのジュニア版)
遠用単焦点と近用単焦点を使い分けている方、老眼初期段階の方にもオススメ!
手元を見やすくするものではなく
リラックスさせる為のレンズです。
遠近両用ではないのでユレ・歪みを全く気にせず使える『れんず屋』イチオシ製品です。

メーカー別 新機能疲れ目サポートレンズ
このような方にオススメです。
●遠近両用が使えなかった方 ●遠用メガネで疲れる方
●老眼初期の方 ●遠用メガネを掛け替えの方
詳しくはコチラ:HOYA リマーク Nikon リラクシー 

●多焦点レンズ(二重焦点)
遠くを見る部分と近くを見る部分2つの焦点を持つ二重焦点レンズ。
バイ(2つの)フォーカル(焦点)レンズ。
境目で、遠用部分と近用部分がハッキリ分かれているため使いやすく慣れやすい。
近用部分(小玉)の形が各種ございます。
●二重焦点種類一覧
多焦点レンズの使い方
小玉以外で(正面)遠くを見て、近くを見る時には視線を下げて小玉の中で見て下さい。
このような方にオススメです。
●遠近両用累進レンズのユレ・歪みに不便を感じる方
●ハッキリ、目的の近方視をされたい方
●スポーツ・登山・自転車など遠方視野をワイドにしたい方
二重焦点レンズは、境目があってカッコ悪いなど言われます。
最近では、ほとんど販売されていないレンズですが、使い方一つでとても便利な製品です。
二重焦点のついてはコチラ
価格表はコチラ


れんず屋について / スタッフ募集 / お見積もり・お問い合せ / 特定商取引法に基づく表示 / HOME
Lensya.com-All rights reserved. Copyright 2006. 画像・文章などの無断転載はご遠慮下さい。