遠近両用レンズの情報ページTOPメーカー別製品一覧 > SEIKO 『INDOOR MD (インドアMD)』
SEIKO INDOOR MD (手元も快適な室内用中近レンズ インドアMD)
2012年9月3日発売
変化するライフスタイルに対応したセイコー『インドアシリーズ』
見え方イメージ
※写真は設計による見え方の違いをわかりやすくしたイメージです。
インドアMDの設計
1『内面累進+内面非球面設計』
<歪みやボヤケが少なく、視野が広い>
 『内面累進+内面非球面設計』は、セイコーが世界で初めて実用化した累進屈折力レンズの先進技術です。レンズの内面のみに[累進屈折面][乱視矯正面][非球面]等全ての設計要素を融合させることでレンズ外面を一定のカーブにすることができ、抜群の光学性能を実現します。
累進屈折面がレンズの厚み分眼に近づくことで視野が拡大し、明るくクリアな視界を実現します。 視野のひろがりイメージ

ユレ・ユガミをおさえた自然な見え方(イメージ)
ユレ・ユガミをおさえた自然な見え方(イメージ)
2『全度数最適設計』
<どんな度数の方でも快適な見え方に>



■これまでのレンズ


一般的な外面累進力レンズでは、ベースカーブ区分ごとに共通なセミフィニッシュトブランクを用いるため、光学性能にバラツキがありました。



■内面累進+内面非球面


度数による光学性能のバラツキがなく全ての度数のお客様により広い視野と快適な装用感をお届けします。

3『カーブペアリングシステム』
<キレイな外観と優れた光学性能>
 左右レンズの度数差が大きい場合、ベースカーブに差が生じ外観に違和感が生じます。『インドアMD』では、ベースカーブが異なる場合、優れた光学性能を実現しつつ、自動的にカーブを合わせ外観を整えます。  ※度数の組み合わせにより完全には一致しない場合があります。
4『フレキシブルプリズマティックシニング』
<レンズの厚みを最適にする>
 玉型加工をしたレンズをより薄く、軽くするために、フレキシブルプリズマティックシニング加工をしています。『インドアMD』では、外観と光学性能のバランスを考え、加入度数毎にプリズム量を設定しており、また、左右の量も自動的に合わせます。その場合、少ないプリズム量に合わせます。
フレキシブルプリズマティックシニングの効果
5『アドバンストアスフェリック設計』
<乱視のある方の遠用視野が向上>
 さまざまな方向に視線を向けたときの眼球の姿勢を決定する「リスティングの法則」を考慮し、従来レンズと比べて収差のバランスを整え、遠用視野が大幅に広がりました。


オススメ天地幅
累進帯長 20mm帯 23mm帯
おすすめ天地幅 29mm以上
(遠4mm+中20mm+近5mm)
32mm以上
(遠4mm+中23mm+近5mm)
最小天地幅 25mm
(遠0mm+中20mm+近5mm)
28mm
(遠0mm+中23mm+近5mm)
※メガネをかけたときの目の位置によって、必要な天地幅は変わります。