二重焦点(バイフォーカル)

 1 要望に応じて3タイプの作り方[例]
@ 一般的な遠近両用 【遠く+近く】  


特徴: 普通に作ると 大玉では遠く、小玉では近くの本などを読む度数に合わせます。
長所: 外出時・車の運転など日常用タイプ
短所: パソコンなどの中間帯を見るときに境目が気になる。


このような方へ

● 遠く用(近視)のメガネを外して近くを見ている。 
→掛け外しがなく普段掛けのメガネで近くもハッキリ見えます。

● 老眼鏡を掛けたり外したり、鼻メガネで使っている。
→不便・煩わしさがなくなります。老眼鏡を使う気分で、遠くも見えます。

● 累進(境目なし遠近)が怖くて使えなかった。曲がって見える。
→遠くと近くが分かれているので、歪む事が無く慣れやすいレンズです。

● 累進(境目なし遠近)だと本・書類などの細かい文字が見える範囲が狭い。
→近用部分が広くクッキリ見える。

● 運転中に地図を見たい。
→地図や製図などの細かい文字が良く見えます。

● ゴルフやスポーツでスコアを見る・書くときにちょっとだけ見たい。
→老眼鏡を持ち歩かなくてもOK!

● 買い物などで値段などが見づらく不便を感じている。
→普段掛け用(遠く)のメガネで、ほんの少しだけ近くをみるポイントが入ります。

A デスクワーク仕様
パソコン重視/書類 【中間+近く】 


特徴: ワイドな大玉をパソコンのモニターに合わせ小玉で書類や資料に合わせます。
長所: パソコンのモニターを広い視野で歪み
無く手元の資料の文字の確実に読める。
短所: 外では使えない、デスクワーク仕様。
室内・パソコン専用となります。


このような方へ


● 長時間のパソコン作業を快適にしたい。パソコン作業の時だけ掛けたい。
パソコン作業専用にモニターと書類の度数設定致します。

● 老眼鏡では書類は見えてもパソコンモニターが見えにくい。
また、パソコンモニターは見えるけど書類が見えにくい。
モニターと書類を両方ハッキリ見える様に、度数設定が出来ます。

● 老眼鏡を掛けたり外したり、鼻メガネで使っている。
不便・煩わしさがなくなります。老眼鏡を使う気分で、パソコンも見えます。

● 累進タイプ(境目なし遠近)で中間視野の狭さに不満のある方
二つの焦点がハッキリ別れているので、パソコンと書類を
広範囲で見る事が出来ます。

B 老眼鏡と拡大鏡(ルーペ) 
近業作業専用 【近く+更に近く】


特徴: 手元を見る老眼鏡と更に近くモノを見るルーペが一緒になったメガネ(専用機能)
長所: ルーペを別に持つ事が不要になります。
短所: 近業専用メガネになる為、他の使い方が出来ません。


このような方へ


● 普通の老眼鏡では物足りなくルーペを使っている。
老眼鏡よりもハッキリ見せる事できます。

● 検品・研究職の方に。 彫金・時計修理などの職人さんに
老眼鏡とルーペを一つのメガネにする事が出来ます。プロ専用仕様。

● 強い老眼鏡を使用し、机の工具が見えない方に
机全体距離と近業作業距離(20cm)の両方を見ることが出来ます。



れんず屋について / スタッフ募集 / お見積もり・お問い合せ / 特定商取引法に基づく表示 / HOME
Lensya.com-All rights reserved. Copyright 2006. 画像・文章などの無断転載はご遠慮下さい。